羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワイドなお声。
う~~~む、最近『あしたのジョー』ネタが多いですねえ。
少女マンガをネタにしていないと書きましたが、少女マンガ……。あ、『エロイカ』がネタになって……ないか。できないか。恐れ多くて。


モノラルテレビを呪う女のサイトへようこそ。
地デジに移行しつつある世の中で、いっそ化石的に貴重かもしれん。調子いいですよ。


いえ、最近『●響アワー』を見るんですよ。
別にこれと言った理由もなく、暇だから見てるんですが、時々細かい音が拾えない。
最初は音量のせいかとも思ったんですが、どうしても弦の小さい音とか管楽器の音が欠ける。
しばらくしばらく考えて、刮目(かっ)!




相手はステレオで当たり前だと思ってやがる!




‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥日本の文明に置いて行かれたような気がしたとです。もらいもんのテレビに罪はなかとです。
もう今年で干支がぐるっと回るくらい、よくよく働いている。モトもとっくに取れているだろう。




閣下のDVDより先に、テレビかー……。




以前は大きいテレビなんていらないと思っておりましたが、あのカラオケボックスで大きな画面を見て以来。
大きなサイズで美麗な閣下を見て以来。
ellisは大きなテレビと「大きなテレビが入るおうち」が欲しい病です。
ところが、テレビのサイズ以前の問題が来たよ。
私がフルートを習っていなければ、気にならなかったものを。ええいちきしょう。




せめてステレオに進化したい。




録画とかはいいからさ、とりあえず…。
そうか、ステレオテレビに進化したら、両側からワイドに閣下のお声が聞けるのですよ。
両側からワイドに……ワイドに閣下(置鮎さん)のノーブルヴォイス……。
ああ、しばらくご飯いらないくらいの萌えっぷりだなあ。
ellisの腐女子脳がとんでもないことになりそうです。本題の『●響アワー』はどうしたよ。


とか何とか言いつつ、さして調子が悪いわけでもないので、このまま地デジ移行ギリギリまで(2011年まであと4年か…)粘るのでしょう。
今テレビを変えたら、録画の問題も一緒に考えないといけない。DVDは見たいし、これまでのビデオテープも無駄にはしたくないし。
そう考えると、ちゃんとまとまったお金が出来て、閣下のDVD(「閣下の」じゃないだろう。ヒイロ・ユイとかの、だろう。作中で使われた『Gチーム』は、絶対に認めないellisです)も買えるようになってから、ごっそり入れ替える方がいいのね。
ああ、閣下までの道が遠い……。


しかし不死鳥のように甦り「たい」(←この辺がダメ要素)女でもありますので、そのうちどうにか解決しましょう。
はっっ、つまりモノラルテレビをそれほど呪っていない結果になってしまった。
貧すれば鈍する。兵が飢えれば戦争とは立ちゆかぬものよ…(関係ない)。
そういえば、『あしたのジョー』ネタの方が『リングにかけろ』より多いのは、見ている回数の差です。『リンかけ』ってあんまり見ていない。
でも置鮎さんが剣崎順だと分かれば、見る姿勢が違ってくるわ……。10年前に裕兄さんにつられて『銀英』のミュラーくんにどんどこどんとのめっていったように。


母の日でしたが、母の日ネタはありません。
強いて言うなら、ママンに「午前指定って言ったのに、お昼過ぎに来た!」と、苦情を言われたことくらいでしょうか。
世知辛すぎるので、ネタにするのはやめました。
さて、そろそろネットでもスーパーでも食材のまとめ買いをしてきます。チラシチェック~~♪
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
リングにかけろ『リングにかけろ』は、1977年から1983年まで週刊少年ジャンプに掲載された車田正美のボクシング漫画。続編として登場キャラクターの次の世代を描いた続編『リングにかけろ2』もある。日本語の略称は「リンかけ」。「リングにかけろ1」として2004年秋にテレビ
2007/07/29(日) 11:30:33 | このマンガが読みたい!
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。