羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関西人、どこまでも。
みなさまお早うございます。
あ、いえ、どうしたのかと真顔で問われても困ります。一応朝に起きることもあるんですよ、はい。


そして夕方に2時間ほど爆睡する女のサイトへようこそ。
朝は4時間睡眠です。最近の生活スタイルは、こんな感じ。


今日は京都のママンの家に行きます。
その前にお寺さんをどっか見に行くんでした。
それからご飯食べて(昨夜くらいから月のせいで気分がよくないので、控えめにしてもらおうっと)、京都のママンのお家でお泊まりです。
だから先に自分ちで更新。
っつってもネタに欠けるんですが……。
うーん、最近夏物衣料を出してきて、「あると思ったはずのものがない」ようなことがちらほら起きています。
私の整理が悪かったのかと思いましたが、そーいやあの白いサブリナパンツは去年シミを作ってほかしたんだった。じゃああのブラウスは、もういいかげん襟が擦り切れてきてママンに「あんたもう、捨てなさい、みっともない!」とか言われたんだった。
普段1500円以上の服なんか滅多に着ないくせに(夏物は特に)、どれも軽く10年は保ちます。この10年体型が変わってないので、服を着るには便利です。


下の記事ですが、写真を見るにつけ、自分の手のでかさが強調されてる気がしてなりません。
いや、このでかさだからこそ、バスケットボールを片手でつかむ握力が得られているのだ(高校当時)。フルートも吹けているのさ。
なのに何だか腑に落ちない……デジカメがどんどん小さくなっていくことに対しては、誠に遺憾であります。手が余るっつーの。
これでも少し薄くなったんですよ。ばりばり働いていた頃は、まだもうちょっとがっちりしてました、ちきしょー(涙)!
華奢な骨組みに、やっぱり憧れます。ええなあ……。


服の話に戻ります。法事に着ていく服、何と言われようと黒のパンツスーツに決めました。今更アンサンブルとか買ってる金などない。
テキトーに無難なブラウスを買って、合わせることにします。ばたばた動くのに、スカートでやってられっかっての。
家にある、ブルーのブラウスで済ませようかなあ、もう……。もしくはキャミソールか。
こんな季節に、中途半端な正装など、考えるのも鬱陶しいです。
キャミソールとニットブラウスの組み合わせとか考える方が楽しいし。よし、そうしようっと。
そうしてまた、980~1580円の服をちまっと買ったりするのでした。ああ、サンダルもそろそろ潮時かな……(見ないふり)。
安いものを買って、「なんぼに見えるー?」と聞きたがるのは、間違いなく大阪人の血だと分かっています。
服飾にあんまり興味がないので、高い服を勿体ないと思ってしまういう事実も否めません…。ファッション雑誌とか真面目に読む子になりたいですねえ……時々。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。