羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お茶碗でプロパガンダ。
この間から気になって仕方がないことがあるんです。
それというのも、つい最近河原町で、信号待ちをしていたときのこと。
後ろでまだお若いとおぼしきお嬢さん方(の声)が、
「……でさあ、やっぱり小泉(前総理)さんの方が、安倍(総理)さんよりプロパガンダ上手かったよね」
と。




‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥あれ?




プロパガンダって、「上手い下手」って言うものだっけ?
あんまりいい意味には捉えられない言葉なんですが。「情報操作」あたりにイメージが特化しているからでしょうか。
どっちかっつーと、「成功した、失敗した」って言うものだと思ってました。
考えようによっては、それが「上手、下手」と言えなくもない。政治では手腕を問われるものなんだろうが……なんだろうが……。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥なんか、腑に落ちない。


なので調べてみました。
「プロパガンダ」は名詞。名詞に直接くっつけるから違和感なんだわ。「このお茶碗上手い」とか、「彼のリモコンは上手い」って言わないみたいな。
例えば「楽器の演奏が上手い」や「車の運転が上手い」の「演奏」や「運転」も名詞だけど「自他動詞(~する)』」でもあるわけで。だからくっついても違和感ないけど、「プロパガンダ」にはそれがないんだ(と、辞書を引き引き考えてみた)。
make propaganda for~で、「~を宣伝する」だそうです。つまりサ変動詞をつけろということか。
まあ、どっちにしろイメージよくない言葉な気がします。それならいっそ、「小泉(前総理)さんの方が宣伝工作上手かったよね」の方がいい。
いえ、別に今の総理がどうとかいうのではないのですが、外来語に敏感になってみたellisでした。
はー、すっきり。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。