羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
微笑みどころか。
爆笑満開でしたよ。……こんな日に限ってさ。


半ば以上本気で「蹴るよ!」と主治医に言う女のサイトへようこそ。
マジで蹴ったら、私は通う病院が変わるのだろうか……。


しまった、ロヒプノールを飲むのではなかった。
かなり持ち越して、だれだれで病院に着きました。なのでうっかりして、上着を一枚余計に持っていくのを忘れてた。
待合いの隅で凍えていたら、おっちゃん二人が(室内が)「暑い、寒い」という論争を繰り広げてました。これが暑いって……お前の家は永久凍土か!!
さて、診察ですよ。
「はい、こないだはすみませんねー。で、どうです?」
「……久しぶりに、マジでダイヴしたいです」
「えー、どないしたんや」
「原稿はできへんしさ……もう、思うようにな、何か最近ずっとあかんくって、もう……(半泣)」
「そうかー、原稿できへんで死にたいか。ははははは!」
「笑うなっつの。こっちには死活問題よ!?」
「何でー? 作家らしくてええやんか」
「私、作家ちゃうもん。今何か犯罪起こしても、『自称作家の~』とか言われるねん」
「浅●☆郎は、雌伏20年やったいうから、ええやん」
「自衛隊にいはったやんか」
「あんなん、二十歳越えてちょろっとやん。働いてへんかったとかいう噂も聞くしなー」
「あの人が待つ20年とは、時代が違う」
「……浅●☆郎、知ってるんか、君は」
「? 当たり前やろ」
「そうかー、君はああいうの読まへんと思っとったけどなー」
「読んでへんけど、作品とかは知ってるよ。売ってたから
「ほうほう、さすがやな」
「そーいうもんでもないでしょ。ああ、☆※先生が、この前先生を▼$書店で見たってさ」
「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥誰?」




うーわ、酷っっ。




「……神経内科の☆※先生」
「ふーん?」
めっちゃ、どっちでもよさそう。院内コミュニケーションは、大丈夫なのか。あんまりだいじょぶくなさそう……。
「お、そうや。君、投稿はどないなってん?」
「それを聞くかーーーっっ! あかんかったから落ち込んでるの!!」
「ははははは、そうか、あかんかったんか、ははははは」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥笑いすぎ。何でこんなに機嫌がいいんだよ。あれか? 「他人の不幸は蜜の味」ってやつか? おおう、超因果応報。
「そんな一回や二回でうまいこといくかいな」
「自分なりにやりつくしてたんなら納得するけど、今回はそれがないから余計腹立つの。あー、苛々するー!」
「トリプタ、増やすか? 何や、アナフラあかんかってんてなー」
「大変不本意でしょうが、お願いします」
「しゃーないなー。そんで、一週間後って来れる?」
「お盆やから無理。まだ実家です」
「帰らんかったらええのにー。くたびれるばっかりなんやろー?」
「じーちゃんが待ってるから。お墓さん参って、ご先祖さん迎えんならんもん」
「ふーん、ほな2週間後にしよかー。どうせいつ指定しても一緒やろうから、1時半でええよな?」
「この前の前、叱られたから頑張って来たのに、いはれへんかったもん」
「叱ったー? それは君、被害妄想やで」
「先生機嫌悪かったからな。被害妄想言うなら、別にそれでええよ」
「え、認めるの? カルテ、書くの?」
「書けば?」
「……ほな書くわ。えーっと、被害妄想と書けと言われたので書く……っと」
「(むか)もうええよ、それで……。ほなね」
「お父さんと仲良うなー」
「無理です、永遠に(即答)」


何であんなご機嫌さんだったのか知りませんが、随所で研修医さんと看護師さんの笑いを誘ってきました。
看護師さんに至っては、予約票を頂く時に「じゃあ……頑張ってくださいね」と、温かい励ましのお言葉を。……すいません、お気遣いさせまして。
薬剤師さんには、また「えー? 先生って、もっと厳格なんだと思ってましたー!」と、言われました。じゃあもう厳格でいいです。こんなに漫才してるけど、よそでは厳格なんだわきっと。うちで息抜きしてるに違いない…。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。