羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
瓢箪から駒。
いろいろ、考えてはおくものです。
選択肢は多い方がいい。


ただ今、新幹線の中で「ドナドナ」真っ最中です。
荷馬車はゆ~れ~る~~~♪
フルートは、次のクラスの方達が全員お休みということで、のんびりまったり。
で、そろそろ発表会の曲目を何にしようか相談会。
二人で考えてた通り、「クラシックとポップスの中間」、もしくはアレンジで、先生とも意見の一致をみました。
では、何をやろうか? 先生に候補曲(クインテット、テーマ)を聞いてもらうと、後はするすると方向が定まってきます。
コンセプトは、「可愛い曲メドレー」です。ただし、作曲家は一人で。さて、誰の何を候補に挙げようかな。


レッスンは「シューベルトのセレナーデ」の後に、「トロイメライ」。
低いドの音、出ません(泣)。出そうと頑張っているうちに、通り過ぎて次のフレーズへ行っちゃってます。ああ……ここでもトロいなんて……。


高音の嵐だったので、お腹空きました。
明日は腹筋がさぞ痛いことでしょう。
ついでに、市バスを捕まえたり新幹線を捕まえたりしているうちに、サンダルで靴擦れしました(涙)。痛い~~!


先生は、「クインテット」の楽譜を買って大張り切りです。あのオープニングテーマから、どんなアレンジになるか……。
お盆明けが楽しみです。
左手人差し指の付け根が、擦れて皮膚がめくれて痛い(泣)。高音域を出そうと頑張った結果です。
こう書くと聞こえはいいですが、持ち方悪いだけです。早くリペアに出さないと、「握りすぎて壊れた」二人目になってしまう……。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。