羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コロリ転げて。
何とはなしに気になったので、ちょいと病院に行って来ました。
そしたら思った通りだったので、嬉しいんだか悲しいんだか切ないんだかビミョーなellisです。


気軽に病院へ行って来る女のサイトへようこそ。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥十年前には考えられなかったことです(胃カメラが嫌で1年間市販薬を飲み続けた女)。


行ってきたのは精神科。いつもといえばいつも通り。
「どないしましたー?」
「調子が良すぎるんで来ました」
「そんなええことはないやないか。調子がいいなんて、素晴らしい!」
いやあのね、私も自分の身の丈に合った調子のよさなら歓迎しますよ。
でもちょっと爆走してるからさ。
というわけで、レポートを提出。これもしんどい時にはできないことです。
しかしこの主治医とは、この関係が一番らしい。面倒な奴め(向こうも同じように思っているに違いない)。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥(熟読中)。
「(読み終えて)トリプタノール、切りましょか」
「あ、やっぱり」
躁状態、確定。気になってたことは間違っていなかった…。
「寝られへんのー?」
「中途覚醒しますねー…家に帰ってからも」
「ふーん、ほなロヒプノール増やそか。トリプタ、飲まんといてくださいよ」
「はーい」
ロヒプノールの一日最大量は2mgです。その2mg錠が2つになりました。
どこまでもベンゾジアゼピン系で沈める気だな。
唯一気になるのはハングオーバーですが、まあ、そうなったらテキトーにします。


自分からのこのこと「躁状態ですー」って行く奴は珍しいと聞きますが、仕方ない。
だって、私の場合金銭面に出るんですもの。
一日でも早く沈めないと(漢字はわざとですよ・笑)。あと、喋り続けるのでうるさい。
へろへろになってるのに動いちゃうし(これはもう、身に付いた習性みたいで悲しいけど)。
原稿書くエネルギーが残らないじゃないですか。それじゃ本末転倒も甚だしい。
指摘されてからでは遅いのです(涙)。


ついでに、年に一度の診断書を書いてもらおうと持っていきました。
これは障害基礎年金をもらい続けられるかどうかの、診断書です。
「診断書? こないだ書いたやないか!」
「それは自立支援医療受給者証のやつです。今度は年金」
間が悪いというか、時期が悪いというか、主治医の中で時が早すぎるというか……。
自立支援医療受給者証の診断書を書いてもらったのは、6月末です。私の誕生月は9月。
3ヶ月の間隔で「診断書ー」って言われれば、まあ誰でも怒るでしょう。
でもこれから、毎年続くのよ‥‥‥‥‥‥‥‥‥(泣)。どっちも毎年の仕事なのよ。
「私は何のためにこないだ診断書書いたんや!?」
「そんな本気で怒られても困ります。文句はお役所に言うてください。ちなみに自立支援医療受給者証は保健所。今回のこれは社保庁」
「役所はどうなっとるんや!!」
「まったくねえ、どうなってるんでしょ」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥出かける前に、テグレトール、デパス、セルシンで宥めておいてよかった……。
でなければ、「んなこと知るか言うの! こっちは書け言われたから持ってきただけじゃ!」とか言いそうだった……。
「ほな、持って帰ろうか。次回?」
「ええよ別に。どうせ今日書かれへんし。預かっときましょう」
この前の漢方で、主治医とのつき合い方をレクチャーしてもらっておいて正解でした。
漢方の先生は、ちょっとしたセカンドオピニオンです。
こんなやりとりを、研修医のお姉さんが真面目にノートに取ってました。たぶん後半は、主治医もノートを取って欲しくなかったのではあるまいか。
「はーい、そんじゃ来週きてくださいね」
「テグレトール、測らんでええのん?」
「ええでしょ、別に」
いや、よくない。……だけどまあ、もういい。こっちもしつこく攻めることにしよう。


薬局では、薬剤師さんに「薬、足りなくなりましたー?」と、望外の質問を受けました。
「いや、躁状態に転んだんで、増えました。あと、トリプタ禁止です」
「あ……そうですか……」
何ですか、その間は。
帰りに大型ドラッグストアで、阪神タイガースパッケージのトイレットペーパー12ロール入りを発見したのですが、あれは見ておくべきだったのでしょうか。
余計な買い物しないように、そのドラッグストアも私の中では封印されましたので…。
そんじゃ来週水曜は、トリプル受診です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。