羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どんだけぇ?
きっつ~~~。メジャー(トランキライザー)日中に入るの、きっつ~~~~。
これの意図するところはあれですな、「ふらふらうろついてねえで沈め!!」ですな。


どの曲でも同じ音を間違い続ける女のサイトへようこそ。
レ♯(Dis5)……君が憎い。


二週間ぶりに、フルートのレッスンです。
「せんせえ~~、せっかく薬に慣れたと思ったら、倍に増えました~~~。だから先に敗北宣言です(涙)」
先に宣言するかellis。だからって、手加減してくれなんて言ってませんよ?
もう発表会当日は、薬飲んでいくのやめようかな~。そう言っていたら。
「そうよ、




音楽は弾けちゃっていいから




楽しく行きましょうよ、ねえ?」
いえ、先生……。そっちの弾けっぷりとは、またちょっと趣を異にするのですが……。
ま、いいや。確かに脳内麻薬出ますからね。
ちなみに本日、先生は私と友人を一目見るなり、
「いつも何だか二人でお揃いみたいな服着るのね~~。どうやって合わせてるの? ちょっと気持ち悪いくらい
と。
せんせえ……(涙)。別段霊感が働くわけでも示し合わせているわけでもなく、ただ好きな色や雰囲気が似ているだけと思いますです。合わせてるわけとちゃいますから。
ユニット組んでるわけでもないですからね(苦笑)。


さて、敗北宣言してた割にはいいハモリ具合を見せる私です。
ちょっとずつ形になってきました……が。
問題はやっぱ「トルコ行進曲」でした。
タンギングが……。
tu u tuktuって、なかなかできない。これは、出だしの「ぱらりらら」のところです。ここ、きれいに始まらないとね。決まらないから。すぐにハモっちゃうので、ごまかしも利かない(涙)。
何度か繰り返して、更に最初(第一楽章の抜粋)から通して、先生の感想。




「ellisさん、いつもレ♯を間違うのよね~」




もう~~~~、どんだけぇ? あかん、頭の中でセルフツッコミが入る!
ほんまに、どんだけ間違ったら気が済むねんellis!!
いつもどんな曲でもレ♯をもれなく間違える女、それが私です……って、嬉しくないな。
きっとあの運指が嫌いなんだろーなー…。それですべてが片づくなら、これほど簡単な話も他にありません。
そんなこと言い出したら、高音域の後ろの方(ソ~)は全部嫌いだよ。
ついでに私と友人とで、勢い余って音が跳ねる跳ねる。「トルコ行進曲」の最後の方、先生は「華やかねえ~~~」と言ってくださいますが、私と友人にしてみれば諸刃の剣です。私はファーストパートで高音域なので勢いが強くなる、友人はセカンドパートでこっちに合わせたら勢い余る。
……結果、「これはハモリですか?」みたいなパートができてます。所々で「ぴっ」って不快な音出してるし……(遠い目)。


「出だしはゆっくりで行こう!」も合言葉になりました。
でないと、音符の細かいところを1小節ずつリレー(苦肉の策)する時に、もれなく自滅できるんで。
結局どこまでも「ギリギリ行進曲」ってことで。本人たちは必死なんですよ(泣)!?
さ、来週はお互いどんな格好してくるのかなっ(笑)♪ 早くセレネースに慣れて、周りに迷惑かけないように練習します。
レ♯の呪いから、早く抜け出そう……。柔軟に動く薬指が欲しいなあ。



   ☆相変わらず女神の微笑みで無邪気に毒舌を放つ、素敵な先生にワンクリック☆
    いや~~見習いたいですよ、女として(笑)。そんな先生が大好きです♪
    
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。