羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つかめ乙女美ジョン。
月三回のフルートレッスンは私の楽しみですが、同じ先生に習っているうー様にとってはこのブログもお楽しみらしいです。恐縮です…。
曰く、「ここに書いてある先生は間違いなく先生だ」と。
はい、一切の誇張、偽りはございません。そして今日も先生は先生でした。


健康体に見えることを売りにしている女のサイトへようこそ。
本当はよくないんですが……まあいいや。


レッスンが始まった時、友人は未だ来ておらず、私と先生の二人っきりでした。
雑談をしていると、先生が
「ellisさんがね、そうやってお薬たくさん飲んでるとか病気とか聞いても、どーーーーしても信じられないのよ。だって積極的だし、こうやってレッスンに来てるし、明るいし」
と、おっしゃいました。
先生…それはね。
積極的=自己主張が激しい、レッスンに来ている=外出の手段、明るい=虚勢です。
「でもよかったわ~、私、暗い人苦手なのよ~~」
……分かります。何せ天真爛漫を絵に描いたような先生ですもの。ついでに華やかな方でもあります。
で、友人が来てレッスンスタート。いっぺん流します。何分かかったのかは定かではありません。


「トルコ行進曲」どころか、全体的に課題の多い私たちですが、やっぱり「トルコ行進曲」がてんこ盛りです(涙)。
特に聞かせどころな部分は1小節ずつのリレーなため、途切れないよう流します。っつったって、いきなりは無理な話です。
「ここはね、ピアノだとみんな速くするんだけど、フルートだからむしろ優雅に軽やかに行きましょう。そうね、エレガントに




トレーズ閣下(再燃)!!




すいません先生……。今、イタい方のビョーキがバーニングアウトしました…。
失敗する度にノインの声がする……「エレガントに、レディ?」って(涙)。うう、閣下……。
さて、気を取り直して第一楽章に戻ります。
ここでは音の頭に息を入れすぎないよう注意されました。
「ここはちっちゃい子供がいたずらしながら見つからないか、わくわくこそこそしてる感じですね~。専門用語で言うとレジェーロって言うんですけど」
専門用語の方が分かりやすかった……。言うな、言うたらあかんellis! 先生の美ジョン(@柴田亜美先生)を! 乙女美ジョンをつかむのよ!!
がんばって乙女美ジョンを追求した結果、大変よいものになったそうです。あとは運指のもつれだけか……ふっ(涙)。


さて、もう一度最初から最後まで流して、本日は終了です。
「モーツァルトを1時間みっちりやると疲れるわよね~~」
はい、もうお腹空いて仕方ありません。とっても健康的なレッスンです。
友人とも別れた後、一人咳発作に見舞われたことを除けば……。
昨日から咳き込んで困ってます。残ってたメジコン、まだ使えるかな。これが効かなかったら、呼吸器科へGOだ。
麻杏甘石湯(咳止めの漢方)、どこやったっけ…。



  ☆乙女美ジョンを見たい貴方、れっつワンクリックお願いします。☆
   いくつになられても愛らしい先生です。
  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。