羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グッバイメジャー様。
これでドライアイが少しでも解消されれば、自分で自分を納得させられる……。
(どこまでも膠原病科にかかりたくない私。理由は金銭に決まっとる!! それ以外に何があるか、このビョーキの殿堂に!!)


セレネース様としばしのお別れを惜しむ女のサイトへようこそ。
よく合っていた気がするんですが……。だからこそ切るのか。躁病じゃなくなったもんな。


起きたら午後2時! 贅沢な期間にだけ許される、タクシーカモンで受付時間に間に合わせました。
次回に同じ事なんて出来るわけがない(予測貧乏)。
おかげさまで、今日はやっと「うん、今日よう来た」と褒めてもらえましたよ。
今日だけじゃなくて、ここしばらくずっと真面目に来てるんだけどね。一度定着したイメージって、なかなか覆せないもんだよね。
募るイライラと不安感、焦燥感よりは易疲労(実際に疲労してるし)により、セレネース様をばっさりと切ることになりました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥前回は「半分にしようね」って約束したじゃない……。カルテにもそう書いてるじゃない……解読不能な字で。なのにひどいわ。
「疲労してることと今の君の状態を見るからに、躁状態とは呼べんからな」
そりゃーごもっとも。しかし躁鬱混交状態ではありますぜ。
「創作に頭ぼーっとしてたら邪魔やろう?」
いえ、これがセレネース様よりデパスの方がぼーっと来ますぜよ。黙ってるけど。
「そんで、どう? 創作はかどってる?」
「やり直したいものがあるんで、それを今組み直してる最中です」
「組み直す?」
「今年の4月末に、一日で180枚突破とかいう快挙を成し遂げましたが、これは全然私にとって満足感をもたらしませんでした」
「180枚って十分やろう。私なんか一日1~2枚やで」
「何で満足いかへんかったかといいますと、プロットの浅さ、構成の甘さ、その場の勢いにまかせた執筆やったからですよ」
「ほほう」
「緻密とは言わん、綿密でなくてもいい、丁寧なプロットを立ててもう一度やり直したいと思う昨今なんですよ。そのために今、ノートに落書きしてるとこです。自分なりに納得して決着をつけたいのね」
「せやけど180枚言うたらすごいやん。普通できへんで?」
「書けばええってもんじゃないでしょう。それやったらブログを原稿換算したらええだけのことです。大概な枚数になりますよ」
「ブログ(どうやら意味は理解してきたらしい)……はっ、あんなもん文章と違う」
「みんな頑張ってはるやないですか。私はゆるゆるの人格が創造されてますけど」
「自分の書いた日記を見てくださいやて? そんな奴らの神経が知れんな」
「公開できるとこだけ公開するんです。私みたいに手帳に手書き日記をつける人もいてるでしょう」
「あんなん文章と違う。喋る事を書いてるだけで、創造性のかけらもない」
いや、そーいうものなんで。っつーか今現在、私と主治医の会話を記録してますけど。
「昔は喋ってることを文章に起こそうと思ったら大変やったんや。日本には文語体というものがあるからな。せやから喋り言葉で文章を綴るなんて、とんでもなかったやんか。それをまあ、文化の破壊というか…」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥この主治医は何世代前の話をするのだろう……。
「ブログはブログなりに文化やと思いますよ? 質の善し悪しは分かれるかしれませんが、悪いこととは思いませんねえ」
「そうやって分析して思考して私に伝えられるということは、もう躁状態ではないな。よし、セレネース切ろう」
「え、いっぺんに?」
「躁状態でない貴方には必要のないものでしょう」
そうね……でもきっと、いずれまたお世話になるわ。
「ほな、うつに落ちたんか?」
「そー……う、でもないな。そういうもんでもないな」
しかしマトモになったとは言わないので、危ういラインにいるのでしょう。私にもマトモになる日が来るなんて、夢のまた夢に思えるさ。
「じゃあ次、同じ時間で来てくださいねー」
「次っていつ?」
「12/12」
「よし、ほなその時に、私が原稿着手できてたら褒めて? 私、褒められて伸びる子やねん」
三十路に入った女が「褒められて伸びる子」ときたもんだ。看護師さんの笑いをゲットしましたよ。


薬剤師さんには、「ロヒプノールも2mgになるといいですよね!」と、ハードルの高い要求をされました。
いやいやいや、ロヒプノールは3mgでも2時間で目覚めることがありますから。いやいやいや。
一応この薬剤師さんには、(セレネースがいるから)デパスをすべて頓服に回していることと、朝晩だったセレネースを昼と眠前に回していたことを伝えてあります。
「そうやって薬の調整ができるんなら、ある程度は大丈夫ということですよ」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥いや、そこは「そんなことしないでください」って、止めるところです。
もっと怒っていいんですよ?
今度は漢方で、また相談します。せっかく取ってくださっていた予約も全部反故にしてしまい、土曜に予約を取り直したellisです。
ではしばし、セレネース様にさようならを。結構好きだったなー、これ。



  ☆ellisの懐具合で精神状態を見たいと思う貴方、正しすぎる判断ですのでワンクリックくださいませ。☆
   あんまり豊かではありませんが、今月の半ばほどにはならない予定です。予定は未定…。
  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。