羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
主治医はアニメっ子☆
はーい、ヘロリーナellisですよ。そんな称号、勝手に戴いてるんじゃありません。
ですが毎日へろへろへろ~~ん。目も当てられない、立派なヘロリーナです。
これで外出時に見栄を張って頑張っちゃう性格でなけりゃな……(遠い目)。


主治医達と雑談に明け暮れる女のサイトへようこそ。
……まあ、これもコミュニケーションの一環ということで……。


ヘロヘロリーナ(グレードアップしとる)ellis、やはり状況を説明しきる自信が皆無だったため、一念発起でレポートです。
で、精神科の主治医が見て一言。
やっぱりうつやんか、自分(あなた、の意。関西方言)」
おい、「やっぱり」って何だ、「やっぱり」って。先々週「くたびれてるんやん」って言うから、私は毎日「疲れだから~~、もうすぐ取れるはず~~」って唸ってたよ。
「……レポートにまとまりがないでしょ~? 支離滅裂~」
「いや、文脈がうつやな」
どないやねん(涙)!!
「じゃ、うつの薬出しますね。……どれがいい? トリプタノールとか? トリプタノールとか。何にしようかー、トリプタノールかなあー」
「……他に選択肢、ないんですけど。ついでに何気に強制してません?」
「いやいや、貴女のお好みに合わせますよー。別にトリプタノールでなくても、お好きなのをどうぞ」
「……アナフラニールはもんどりうったばっかでしょ、トレドミンは奴のせいでひっくり返った(躁転した)し、パキシルは他に効いたけどうつには効かへんかった。ルジオミールはゆるゆるやったし、デプロメールは合わへんかった……。もう残ってないやないですか」
「じゃあトリプタね、決定ね、はい!」
「あんまり入れんといてくださいよ? またひっくり返るの嫌ですから」
というわけで、トリプタノールが30mg増えました。初期用量の最低量です…。またひっくり返ったら嫌ですからね。
メールについて話をしていたら、主治医が一言。
「私にはメールなんてけぇへんからね」
……なんて寂しい一言だ。
「せんせー偉い人やから、講演の依頼とかあるんとちゃいますのん?」
「封書でよこさん限り、放っておくね」
「ファックスも不可?」
「ファックスも不可!」
融通きかねーなー。
「メールの後に封書やったらあかんの?」
「そんな奴、おれへんかったもんな」
メールで反応を見てから、正式な依頼が封書で来るはずだったのでは……。まあいいや。
年末にもう一度かかることを約束して、神経内科です。


神経内科では肋間神経痛の仕組みを教わりながら、ぎっくり腰の対処とか聞いてました。
この季節、私はうっかりぎっくり行きやすい。
「ま、あれやね。昔の人みたいなコルセットの締め方してたら、まずぎっくり腰にはならんね」
その代わり、内臓が縦になるではないか……。
「せんせー知ってます? 昔は年齢の数が理想のウエストラインやったんですよ。14歳なら14インチね」
「歳取ったらどうすんねん!?」
「そんなん二十歳くらいでフォーエバーストップに決まってるでしょ! 輿入れ前のお嬢さんのお話ですよ!」
そこからだらだらと読書の話になだれ込みました。
推理ものをらぶらぶ言っている私に対し、神経内科の主治医はSF派でした。
「……じゃあサンリオ文庫とか?」
「あれはなー、欲しいと思ってたらなくなって、今とんでもない値段になってるから買われへんねん。どっか版権買わへんかなー」
まったくもって同意です。
ちなみに精神科と神経内科の主治医は、そんなに歳が変わらないことが先日発覚しましたが、こちらはけろっと
「いやー、僕アニメっ子やからね。昨夜も深夜アニメ見てたし」
と、きたもんだ。しかも見てるもの、かぶってたし。一つや二つじゃないですよ。『BLUE DROP』から『もやしもん』まで網羅です。私の方が、ちょこっと多かったのは…暇なせい(涙)。
「じゃあヤマトもガンダムも制覇済みですか」
「鉄腕アトムからやな」
お見それ致しました。
「ヤマトはともかくガンダムはなー。友達はええ言うてたけど……




まあ、マクロスに比べたらマシか




マクロス言うてるし!
「『愛・おぼえていますか』(主題歌)ですね。リン・ミンメイ(登場人物)ですね!」
医者のくせにどんだけ時間かけてるんですか、アニメに。今も『精霊の守り人』見てるし。
シンクロポイントが高すぎます。っつーか主治医、パイオニアヲタクですな?
この主治医は、今後ヲタク師匠と位置づけにしておきます。
あ、いや、ヲタク師匠はぶどり兄貴かおとーさんか。


ちゃんと病気についても話してますからね? 神経内科では減薬始まってますから。
説得力に欠ける話ですけど……。



  ☆「類友だよなー…」と思ったそこの貴方、是非ともワンクリックお願いします。☆
   50代の主治医から聞く言葉の数々ではありませんでしたよ…。
  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。