羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めりくりめりー。
すいません、ちょっとキャスバル兄の家に行っておりました。
休日の都合で、クリスマスを先取りして帰ってきた我が家です。


とりあえずプレゼントとケーキ、ごちそうがあればそれでいい女のサイトへようこそ。
なんて正しい日本人のクリスマスだ(おい)。


昨日、家族で鍋をつついておりますと、キャスバル兄がぼそっとつぶやきました。
「あのさあ、何かどの店でもクリスマスやからってチキン売ってるけど……




ほんまはターキーやんな?




ケン●ッキーとか我が物顔で稼ぎ時迎えてはるけどさ、チキンやもんな。ちゃうよな」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥キャスバル兄……突いてはいけないツボを、いつも的確に突くね。
「そんなん言うたら、今焼き鳥むさぼってる私らも、確実におかしいで」
「まあなー。でもそんなもんやんな」
「まあねー、ターキーとチキンどっちがええって言われたら、私チキンの方がええし」
「ああー、そうやんな」
「な」
他人の揚げ足取っておいて、自分たちは棚の上に上げましたね。素晴らしい兄妹め。
ちなみにこの直前、キャスバル兄の帰還が待てずに空腹の限界を迎えたパパンが、一人鍋を始めて更に八つ当たりが飛び火しました。
久しぶりにぷつっと来た私、鍋に手をつける前に無言でビール2缶一気にあおってやりました。家族が一瞬静まりかえって、取り繕うかのように皆が私にいろいろ勧めてくれましたよ。
後でパパンの取った行動と大差ないことに気づいて、激しく己を恥じましたが。


『マイメロ』は、きっちりビデオに収めて見ました(笑)。ええ、たった今。
いいなあ、ウサミミ仮面が届けてくれるクリスマスプレゼント、いいなあ。
ちゃんとクリスマスCDの曲が使われてたりして、演出がこころにくい。
サンタさんは裸でスノボに乗るのか……そーいう時代なのか……。
今思えば、サンタさんを信じていた頃は、誕生日にもらう物より高額な物を平気でお願いしておりました……(滝汗)。
幼稚園頃にさっさと大人の階段を昇ってしまいましたが、「サンタさんを信じている子ども」を演じ続けていたことにかこつけて、お高いおもちゃを要求した覚えが……。ああっっ、子どもの夢を壊さないのも一苦労なのね。
小学校中学年頃からは、親の収入に応じた予算を考える、ミョーに計算高い子どもになってしまいましたな。
↑とはいえ、あんまりお高いものを要求していると、「サンタさん、それは今ないって」とかごまかされておりました(苦笑)。
競りのようにこれでどうだ、あれならどうだと、親と交渉していたのは情操教育上、どうなんでしょうか。
親も必死だったことが、今なら分かります。ああ……未だに穀潰しですんません。


今年のellisは、小銭入れを買ってもらいました(まだたかっている)。
いえ、これまではがま口愛用派だったのですが、「札入れはヴィトンなのにがま口かよ!」と、ツッコミを頂くことが多かったもので。
予算も低くて済むし。逆にこっちが親のプレゼントをあれこれと考えるようになりました。
相変わらずアニバーサリー推進委員会な我が家です。
一番のプレゼントは、ellisの経済的な自立に違いない。道が遠いな~~~……。
薬飲みながら、地道に努力します……。プロでない原稿に季節は関係ありません。修羅の道ですよ。



  ☆「いいかげん、見習いを卒業しろよー」と、ハッパをかけてくださる方、猪木のビンタのごとくワンクリックくださいませ。☆
   あ、愛の一撃……いつでも受け止めましてよ。
  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。