羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
争えません。
はい、今日もへろってるヘロリーナellisです。
最後の逃げ場だった布団からも追い出され(昨日の日記参照)、やむなく「今ごろ時代劇の再放送でも見てんだろーなー」というママンに電話してみました。


「はいはい、何?」
「…あからさまに嫌そうな声なさらないでくださいましな、ママン。ちょっと気分が落ち着くまで、電話につき合って欲しいだけよ」
「ふーん。‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥(以下無言)」
「……ママン、聞いてらして?」
「聞いてるよー。好きなだけ喋って?」
「いやママン……、今躁状態じゃないもんで、そんなホイホイと言葉は出てきませんですだよ」
「あー、そういうもんなん?」
「そーいうもんなん」
「あんた、今日フルートの日と違うのん?」
「フルートの日よ。ギリギリまでご飯待つための、時間稼ぎもするのよ」
「……お金ないんかいな」
「ちょっとね、本を買うてしもて」
「うちは今日、私一人やから、残りもんでご飯やわー」
「何や、外出るのんめんどくさいんか?」




「本買ったら、お金なくなった」




「……親子やな」
「親子やろー?」
「ですがママン、所帯を預かる身として、それでいいんですかい」
「そんなん言うたかてやな、新刊の横に買ってへん本があったら買うやろ!? 見つけてしもうたらさあ」
「まあ、買うけどさあ…」
「それで今日一人なん分かってたら、私一人切りつめたらええやんって思うやろ?」
「思うよ……年中
「せやから、しゃーないねん」
いや、全然しゃーないことないから。
「あ、時代劇始まるわ。あんたもちゃっちゃと準備して出かけやー。ほな」
ぷつっっ。つー、つー、つー。
相変わらず、時代劇に敗北している娘です。


私の本好きは、教育以上にママン方のDNAが強いと思う時があるのですが…。
いいのかママン、そんなんで。
きっと明日の年金入金をアテにしてるんでしょう。しかしママンよ。
こないだ「久しぶりに本屋に寄ったら、本買いすぎたー」と言った私を笑ったのは誰だ!?
お互いの血が相手の血を笑う……。なんちゅう親子関係だ。
「食を切りつめればいい」という発想は、DNAの為せる業か、それとも私からの逆輸入か、聞きたいところです。
では、準備してフルート行ってきます。


  ☆「それでellisの気は晴れたのか?」という貴方、良い質問です。フルートで発散してくるつもりですが、「どーせ上手くいかなくて返り討ちに遭うんだろ」という正しい予測のもとにワンクリックお願いします。☆
   体が重いです~~。へろへろへろ。
  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。